一人でのんびりと!国内の穴場観光スポット3選

ガラスピラミッドのモニュメント

モエレ沼公園は札幌市東区にある、世界的な彫刻家が設計した公園です。全体を一つの彫刻作品とすることがコンセプトで、自然環境保全の観点からも注目されました。敷地内には当園の象徴となる、ガラスピラミッドのモニュメント「HIDAMARI」が設置されています。その他、直径48メートルもの噴水やサクラの森など、公園全体が自然と芸術が融合するキャンバスとなります。春にはサクラの花見ができ、夏には水遊びと様々な楽しみ方ができるのも魅力です。

自然空間と建築との融合

青森県の十和田市現代美術館は内外のアーティストによる建築と、自然等の空間が融合した恒久設置型美術館です。展示作品の殆どはコミッションワークで、依頼製作によるアート作品となります。展示室だけでなく敷地のあらゆる空間で、多様なアート作品が展開されています。中庭や屋上、そして階段室などで来訪者は新たな体験をすることになります。建物の周囲にも沢山のオブジェが展開されており、館内に入る前の期待が否応なく高まります。

世界一のクラゲ水族館

山形県の鶴岡市立加茂水族館は、日本海に面した世界一のクラゲ水族館です。直径5メートルの大型水槽「クラゲドリームシアター」が目玉で、およそ2千匹のミズクラゲが漂っています。「クラゲバー」では成長段階のクラゲを観察でき、時間毎に餌付け解説も実施されます。館内にはクラゲ展示以外にも、アザラシ・アシカプールなどの展示を楽しむことができます。彼らが泳ぐ姿を、カフェスペースでのんびり眺めることもできます。その他、予約参加型の体験プログラムも用意されています。

フライアゴーを検索

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です