スケジュールをよく考えよう!飛行機を使うときに気をつけるべきことは?

飛行機での旅はスケジュールに注意

飛行機で旅をするときには現地での活動のスケジュールを入念に立てておくことが大切です。多くの地域では空港は観光地や都心部からは少し離れたところにあります。バスや電車の他、レンタカーなどで空港まで行くことができますが、どれだけ時間がかかるのかを把握しておかないと飛行機に乗り遅れるかもしれません。特にレンタカーを使って空港に行く場合には道路の混み具合によってかかる時間が大幅に変化します。カーナビに表示される時間通りに到着できるとは限らないので、余裕を持ったスケジュールを立てるようにしましょう。

また、その際にもう一つ注意するべきなのが空港内で必要な時間です。荷物を預ける必要があるとカウンターに行く必要が生じるので時間を取られてしまいます。旅行帰りは荷物が増えていることが多いので、預ける必要があるかどうかに応じて到着時刻を調整するようにしましょう。

国内と海外での違いにも注意

空港にいつまでに到着していれば良いかは国内線と国際線でかなり違います。国際線の場合には出国手続きなどを行わなければならないため、搭乗時刻の1時間から1時間半前には空港にいなければならないのが一般的です。それに対して国内線の場合にはゲートの前に五分から十分前に到着していれば十分でしょう。このような違いがあることを認識していないと、搭乗時刻に間に合わなかったり、時間を大幅に無駄にしてしまったりするかもしれません。スケジュールを立てるときにはいつまでに空港にいれば良いかを最初に確認しておきましょう。

フライアゴーを検索

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です